丸達水産・干物へのこだわり

伊豆伊東発! 完全無添加・手作りの新鮮干物ができるまで

3無添加の漬け汁が味の決め手

身を開いたら、流水で一気に血や内臓の取り残しを洗い流します。塩干しでは、大きな樽の中で濃度15%の塩水に漬け、味付けします。一方、味醂干しは、完全無添加の秘伝のタレに漬けて、旨みを閉じ込めます。どちらの場合も、魚の種類や大きさによって漬け時間を変え、絶妙の味付けに仕上げています。

加工写真

4 ついに丸達自慢の干物が完成

次に、干し網の上に漬けた魚を並べていきます。この時、味醂干しには、白ゴマを均一にふりかけます。それを台車に乗せ、そのまま26℃の乾燥室に入れて風を当て、塩干しは90分、味醂干しは120分かけて干し上げます。干し具合にムラができないよう、常に気を配っています。

作業の様子

5 厳正なチェックを通った干物だけがお客様の食卓へ

干した後は、少しでも鮮度を落とさないために、台車に乗せたまますぐに冷凍庫へ。-30℃で急速冷凍します。そして、出荷直前には再び仕上がりをチェック。こうして、スタッフが思いを込め、ていねいに作り上げた干物を、皆様の食卓にお届けしているのです。

従業員 写真

干物へのこだわり

  • 厳選素材にまごころ込めて
  • 伊東発・丸達の干物ができるまで
  • こだわり製法・8の秘密
  • 干物Q&A

お問合せ

株式会社 丸達水産
静岡県伊東市宇佐美1903-1

電話 0557-47-2163

info@marutatsu-suisan.com