丸達水産・干物へのこだわり

知れば知るほどおいしくなる干物についての10の質問

干物をおいしく、楽しく食べていただくために。素朴な疑問から使える豆知識まで、干物についてよくいただくご質問にお答えします。

Q1 干物をおいしく焼くにはどうしたらいいの?

“強火の遠火”でじっくり焼くのが理想です。まずは身のほうから焼き始めていただくと、身や皮が崩れにくくなります。身と皮の焼き時間は7:3を目安にしてください。

Q2 干物の保存は常温と冷蔵・冷凍、どれがいいの?

冷蔵で4~5日、冷凍では1カ月ほど持ちますが、早めにお召し上がりいただくのが一番です。冷凍の場合は1枚ずつラップで包んで保存してください。

Q3 干物の食べごろはいつ?

干物はもともと保存食としてできたものですが、日が経つにつれて魚の鮮度は落ちてきます。なるべく早めにお召し上がりください。

Q4 電子レンジでも干物は焼ける?

できないこともありませんが、グリル等で焼いていただくことをおすすめします。また、調理シートを敷いたフライパンでもおいしく焼け、煙も出にくくなります。

Q5 余った干物の違う食べ方はある?

あじはフライに、えぼだいはムニエルに、金目鯛の頭はお吸い物にと、生魚と同様に幅広い料理にお使いいただけます。ぜひいろいろなお料理にお試しください。

Q6 おいしい干物の見分け方はあるの?

腹部や背骨の辺りに白い脂が浮いている干物を選びましょう。それは身からにじみ出た脂が固まったものですので、脂が乗ったおいしい干物であるといえます。

干物へのこだわり

  • 厳選素材にまごころ込めて
  • 伊東発・丸達の干物ができるまで
  • こだわり製法・8の秘密
  • 干物Q&A

お問合せ

株式会社 丸達水産
静岡県伊東市宇佐美1903-1

電話 0557-47-2163

info@marutatsu-suisan.com